有用植物利用と健康(30)~桜(サクランボ)~

有用植物利用と健康(30)~桜(サクランボ)~

名前 桜(サクランボ)
分類 バラ科サクラ属
収穫期 5月~7月
栄養素 サクランボ:身体に非常に同化されやすい糖分(果糖)が豊富に含まれる。糖尿病の人も可。ビタミンAの前駆体であるカロチンもある。
効能 *風邪や湿疹、じんましん、咳止め、皮膚の炎症に効果がある。

*ヤマザクラの干した実はキノコ中毒によい。

*柄:利尿剤としてフランスでは有名であるらしい。(甘果桜桃の実の柄を使用)

  
薬用部分 樹皮・花・実

*特に外皮と木部の中間にある内皮の薬効が高いといわれている。

花 色 白・ピンク
利用法 花茶・花酒、料理。

煎じ薬:サクランボの柄(フランス)

メ モ 日本を代表する花サクラ、数多くあるサクラの種類の中でも主にソメイヨシノ、ヒガンザクラが薬用として利用されている。

*料理:花や葉は塩漬けにする。(桜湯:桜の花の塩漬けを白湯に一輪浮かす)

*花茶の作り方:雨上がりの朝方、八分咲きの木の下に行き、花粉をこぼさないようにそっと花を摘む。洋服箱の中に和紙を敷いて花を摘み入れ、日陰干しにする。5日くらい経ったらテフロン加工のフライパンに花を入れ、弱火でさっと火を通す。(1分くらいで手早く仕上げる。)

*樹皮:フランスでは自然医学的に、解熱剤として、気管支用薬として、また利尿剤として使われている。オウトウ(桜桃)というのは、もともとは中国産のミザクラの漢名である。日本ではヨーロッパのサクランボまでこの名で呼んでいる。

ソフィア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.