ソフィアさんちのチルちゃんと僕(20)~オペラ蝶々夫人の魅力③~

《それらをカバーするためにかんざしや華麗な着物やだらりの帯があると思って見ていたのだが、見ている内にその全員のかわいらしさに我を忘れて唖然としてしまったのである。

近くで接待を受けて話していた時は、顔も着物もよく見えていたのに、かわいらしさは全く感じなかったのである。近くで見たその舞妓さんはどこにでもいる普通の女性なのであった。

しかし、舞っている舞妓さん達からはかわいらしさだけしか見えなかったのである。》

「近くで接待を受けているときは普通の女の子なのに、舞台で舞を披露する時は別人のようにきれいになるんだね。」

「きっと舞の振り付けが可愛く見せるようになっているのよ。」

「ソフィアさんも京舞を習ったら(もっと)かわいくなるかもね。」

「し~っ!めっ!分かっていることを言っちゃだめよ!」

Follow me!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.