倶楽部便り:会員の近況報告・・・37号

倶楽部便り    〔会員の近況報告〕                 

                          2021、2、28

1、塩野 秀作(76、商卒、大阪慶應倶楽部副会長) 

前回に山歩きとダイエットに取り組んでいることをお伝えしましたが、現在も継続しています。

昨年7月の人間ドッグ後、医師から、体重が前年よりも約3kg増加し、血液検査の数値の多くが正常値から外れており、カロリーの摂り過ぎを厳しく注意されました。

健康と体力維持のため山歩きを、約2年前から始めていたのですが、病気治療のための毎朝のステロイド剤の投薬と長時間歩くことで食欲増進となり、かえってカロリーの摂り過ぎになっていました。これではいけないと思い、10月8日からダイエットアプリを使って、2021年6月末までに10㎏減量に挑戦開始しました。毎日1万歩歩行の日課と毎週末に4~6時間の山歩きを実行することを決めて、2021年6月末に77㎏を目指していましたが、すでに12㎏減量し75㎏になりました。腹囲は、12㎝短くなり、穿けなくなっていたズボンが穿けるようになったのは嬉しいことです。歩くことは、血圧を下げる効果もあり、週末に関西地域の山、寺社仏閣を巡り、電車とバス路線の乗車も楽しみとなりました。

コロナ禍の中、繁華街には出歩かず、人のほとんどいない所に行く山歩きは、手軽に楽しめて感染リスクは少なく、リフレッシュにもなります。

仕事の方は、この1年で様変わりです。年数回の海外出張はもちろんですが、毎月の国内出張も、現在はありません。この代替としてインターネットによるオンラインでの会議、面談やセミナーが増えました。また弊社でも製造部門以外は、週の半分は在宅勤務していますが、私の場合は、公共交通機関を使わず、徒歩通勤のため、感染リスクはなく、オフィスに出てやる方が効率は上がるし、気分転換できるので、ほぼ出社しています。一般の人へのワクチン接種は順調に進んでも来年1月末までは要するようなので、年内はこの状態が続きそうです。

〔塩野香料(株)代表取締役社長〕

2、奥村 一彦 (80年経済卒)

昨年のコロナの影響からか、65才になったのだから、もう好きなことをし
ていいのではないかと強く思うようになりました。
では何を?福沢諭吉の研究をしながら、持っている本を全部読みたい!とい
うところでしょうか。
いつかそうなることを夢見て仕事を縮小しようと考えつつあります。
〔弁護士 奥村一彦〕

3、白石 常介(81年 商卒、台湾三田会顧問

現代社会で活躍されている方々にとり、ストレスは四方八方より飛んできます。避けようと身をそらすと、そらした方でもストレスが待ち構えており、ますます蓄積していく一方です。

そこで、お腹の底から笑ったり、含み笑いをしたり、目から大粒の汗をかいたりして、いっときでも現実の苦難から離れて楽しんでいただければと思い、2019年12月に弊ホームページ(ブログ)を開設し、いろいろな文章を書いてみました。

2021年2月末現在で120編の掲載となりましたが、雑文集あり、詩集あり、小話あり、小さな出来事あり、また、Cherrie(チェリー)とSweetie(スウィーティー)の2匹のワンちゃんの会話も面白おかしく描いていますので、お時間があるときにたとえ1編でも目を通していただき、少しでも心に触れるお手伝いができれば幸いです。

弊ホームページ(http://cherrie-sweetie.com)の“MENU”“文芸集”より検索できます。また、白石常介文芸集と入れても同様にアクセスできます。

今後も毎週金曜日に2編ずつ掲載していく予定でおり、いっときでも心を癒やす楽しい時間を過ごしていただけますよう、さらに努力を重ねてまいる所存でおります。

お知り合いの方々にもご紹介いただければ幸いです。

白 石 常 介

《オリンピックとともに》では、ワンちゃんとニャンコちゃんが報復絶倒の大活躍をします。

    

僕たちのサイトへご訪問を!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4、杉本 知瑛子 (97、文・美(音楽)卒)

コロナに慣れたのか、コロナ撲滅より経済優先に舵をきった「Go To キャンペーン」で、

再び「非常事態宣言」発動です。キャンペーンも見直しとなり、ただいま一時停止中!

コロナ禍で医療も企業も学校も商店もシステムそのものが変っていき、産業革命以上の変革が起こっています。

もう、若者も高齢者もありません。宣言解除でも昨年の「非常事態宣言」の時を思い出しましょう。

それで今回も、我慢強く家ごもりでコロナと戦いながらも悪戦苦闘、退屈されている方々のために、     以下のサイトより私のお薦めの作品をご紹介致したいと思います。

◎〔ゆきちくらぶ〕より・・・・・・・・・「ソフィアさんちのチルちゃんと僕」(間逆の真実)編

◎〔白石常介 文芸集with Cherrie & Sweetie〕より・・ 小さな出来事 その13「蓄積」

◎「熊野エクスプレス」・・・・・・・・・・3サイトコラボ「全国桜だより 2021」

◎〔ハイム蝶百科図鑑〕・・・・・・・・・・「ブン・ブン・ブン・ハチが飛ぶ」

◎「ハイムのひろば」・・・・・・・・・・・3サイトコラボ「全国桜だより2021」

◎「ハイムのひろば文芸館」・・・・・・・・(次回にて紹介)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〔ハイム蝶百科図鑑〕のサイトからは、ハイムの2人の蝶博士のご協力により、

〔ゆきちくらぶ〕内「ソフィアさんちのチルちゃんと僕」にきれいな蝶や風景写真が提供されています。

「みんなのひろば」掲示板での写真はクリックで大きな写真が飛び出します。珍しい蝶をご堪能下さい!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お知らせ    「みんなのひろば」掲示板のコピーです。

1、「Music Gallery1」は、12月と1月のみの公開です。
2、「アーカイブ」内右側にある「カテゴリー」にある氏名をクリックすれば、検索しなくてもその方の 公開作品を全て読むことが出来ます。
現在公開されている作品の執筆者名

*山根 昭郎(75、法・法律卒:「ハイムのひろば」代表・翻訳家)
*塩野 秀作(76、商卒:大阪慶應倶楽部副会長・実業家)
*奥村 一彦(80、経卒:弁護士)
*白石 常介(81、商卒:台湾三田会顧問)
*町田 健司(79、法・法律卒:元台湾三田会)
*杉本 知瑛子(97、文・美・音楽卒)

3、連載作品(公開中)
◎「私の好きな諭吉の文章」(アーカイブ)・・・奥村一彦
◎「ソフィアさんちのチルちゃんと僕」・・・杉本知瑛子
①~僕たちのご紹介~
②「雑談とは」1~⑥
③「間逆の真実」1~⑩
◎シューベルト~その深遠なる歌曲の世界~・・・杉本知瑛子
《1-① ~ 4-②》
以上、公開いたしております。

___________________________________________

なお、

〔ハイムのひろば〕〔ハイムのひろば文芸館〕〔ハイム蝶百科図鑑〕〔熊野エクスプレス〕〔白石常介文芸集with Cherrie & Sweetie〕のサイトは、〔ゆきちくらぶ〕(https://yukichi-club.info/) とリンク致しております。(リンク集より各サイトに直接入ることができます。)

〔ゆきちくらぶ〕サイトのホーム下方にリンク名がありますので、それぞれクリック一つで目的のサイトへ移動いたします。

(注)これまでご覧いただきました「新宮ネット」は発展的に解消し、年明けより「熊野エクスプレス」  として生まれ変わることになりました。・・・「新宮ネット」より抜粋

・・・・・・・・・新型コロナ絶滅作戦応援団推薦作品・・・・・・・・・・・・

*ウェブサイト《ゆきちくらぶ》・・・「ソフィアさんちのチルちゃんと僕」より「間逆の真実②」

「わーい!炎の観音様だ!人間がアリンコみたい!」「僕なんか小さいから、きっと観音様には分かんないよ」

「いいえ、観音様はどんな小さな生き物でも慈愛の目で見ておられるのですもの、クーちゃんが分からない筈はないわ。

目を閉じて観音様を見て御覧なさい。クーちゃんを抱っこしてくださっているのが見えるでしょう?」

「うわあ~、本当だ。観音様ってやさしいんだね。僕、最高にしあわせだ!」

「よかったね。では続きを話すわね。」「オ~ケイ!」

《「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」で始まる『学問のすすめ』の思想を、そんないとも簡単に変えてもらっては、これから福澤先生の思想を勉強してみようと、喜んで先生の書かれた自伝を読み始めた私としては、大変に困る。・・・・・・

続きはウェブサイト「ゆきちくらぶ」で、どうぞお楽しみください。

サイト名:ゆきちくらぶ      https://yukichi-club.info/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ウェブサイト《白石常介文芸集with Cherrie&Sweetie》・・・小さな出来事13「蓄積」より抜粋

小さな出来事 その13「蓄積」 

ストレスは他人事であり自分にとり無縁の遠~い存在であると思っていても、生きている証拠でもあるのか、知らぬうちに徐々に蓄積されていってしまうものです。

蓄積といえば、急に目がかゆくなり、くしゃみが出て、後からむずむずして鼻水がどっと押し寄せてきたため、目薬なのか、鼻炎薬なのか、まず何を購入したらよいのかわからず、急いで近くの “矢刃威薬局” に駆け込み、店員さんに状況を説明しました。
眼鏡を掛け、その奥深くでチラッと、いや、年配なのでキラッと、いかにも人生経験豊富で何でも見通してしまいそうな鋭い眼光を忍ばせながら、その店員さんいわく・・・「ワッハッハ、とうとう私たちの仲間入りですね、おめでとうございます。これは蓄積花粉症で、 “ついに出てきたで症” という症状なんですよ。
でも大丈~夫。ここには経験豊富なお友だちがそれはそれはたくさんおりますので、ご心配なく。ここにお金さえたんまりと落としていただければ、たちどころに良くなりますよ」
「もし良くならなかったら?」
「それは落とす額がまだまだ足りなかっただけのことです。お金が無くなるまでは、心を込めて懇切丁寧に手取り足取り金取りご指導いたしますので、大船に乗ったつもりでいてくださいね。
もし沈没してしまったら、それは小舟相当の金額の出費だったからなのです、はい」
「えっ、あの~っ」
「あっ、ご心配なく。それではまず超即効性のお薬がお店の奥にありますのでご案内いたします。お連れの方はおりませんね。はいっ、それでは参りましょう、通帳やお宝のいっぱい詰まった重そうなバッグとともに。ささっ、こちらへ。あっ、印鑑もありますね。・・・・・・・・

〔白石常介(81、商卒)台湾三田会顧問〕

全編は「白石常介 文芸集with Chrrie & Sweetieサイトにてどうぞお楽しみください。

===========================================

HP「ゆきちくらぶ」メインページ最下段の「リンク集」より「白石常介文芸集」からも入れます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

《ハイムのひろば》《熊野エクスプレス》《ゆきちくらぶ》の3サイトコラボの企画「全国桜だより

2021」は準備完了。赤ちゃんサイトの「ゆきちくらぶ」もお仲間に入れて頂き、御挨拶です。

全国桜だより:大阪より「始めまして!僕たちCherrieとSweetie.」

「ソフィアさんに頼まれてこれから《全国桜だより》の紹介をしていくよ。

ここは大阪。淀川沿いにあるワンドに隣接している城北公園というところなんだ。
小さい公園なんだけど、梅園・桜園・菖蒲園・メタセコイアの小道・大池・・・スーパー堤防を上がれば眼下には天然記念物に指定されているイタセンパラの棲息する城北ワンドが一望できる

散歩道がつづくよ。

寒い日や雨の日はソフィアさんのかわりに僕たちが桜の番人になって報告するからね。ルンルン」

「僕もCherrie君がズボラしないようにしっかり見張っています。乞うご期待!?」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ウェブサイト《ハイム蝶百科図鑑》より・・・・・「ブン・ブン・ブン・ハチが飛ぶ」より抜粋

今ちょうどハイムの紅梅が満開に近くなり、メジロなども花の蜜を求めてよく来ています。

この時期に咲く花の種類はそれほど多くはありませんので、ハチもここぞとばかりに花から花へ忙しく飛び回って蜜と花粉を集めています。よく見ると脚には既に大きな二つの花粉団子をぶら下げていますが、この写真の方がよくわかります。このハチはセイヨウミツバチのようです。(Henk)

全編は《ハイム蝶百科図鑑》サイトにてご鑑賞ください。「ゆきちくらぶ」リンク集より入れます。

(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.