ソフィアの野草有効利用法(12):バラのコンパニオンプランツ

      

    

バラのコンパニオンプランツ

一番はローマンカモミールとのこと、自分にアブラムシを引き付けるのでバラは無事とのこと。

今植えているのはジャーマンカモミールです。花が咲かないと効果なし・・・です。

後、チャイブ・大蒜・ネギ・ニラ・ハナニラ、とのこと。笑ってしまいます。バラのいい香りに臭い植物?

ラベンダーは香りで虫を遠ざけるそうです。ラベンダーならいくらでも差し芽が出来る。一年中花が咲いています。

マリーゴールドはアブラムシだけでなくセンチュウも遠ざけるので◎

イタリアンパセリも種から植えやすいのでお勧めだそう。

ゼラニウムはコガネムシやヨトウムシをナスタチウムはアブラムシを自分に誘引、おいしいエディブルフラワー。

*今6月、3種類のバラの木の花も蕾にもアブラムシはついていません。

コンパニオンプランツを植えればバラは無農薬栽培が可能のようです。

オールドローズを無農薬栽培して、バラのティー、バラジャム、バラチンキ、などを作っていい香りと薬効を楽しめます。

野菜やハーブの無農薬栽培が可能なら・・・人生100歳は楽勝です。

 

ソフィア

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA で保護されており、Google の プライバシーポリシー利用規約が適用されます。